topics

共働き夫婦のための住まい「CHU!」に
「ZEH(ゼッチ)」仕様の新シリーズが誕生!①

高断熱・高気密な躯体、省エネに配慮し、さらに太陽光発電などでエネルギーを創り出して、消費するエネルギーを実質ゼロ以下にする家「ZEH」が注目されています。そんななか、共働き夫婦のための住まい「CHU!」に新たに加わったZEH仕様の新シリーズ「CHU! ZERO」が今、話題を集めています。

共働き夫婦のための住まい「CHU!」に「ZEH(ゼッチ)」仕様の新シリーズが誕生!①

高断熱・高気密な躯体、省エネに配慮し、さらに太陽光発電などでエネルギーを創り出して、消費するエネルギーを実質ゼロ以下にする家「ZEH」が注目されています。そんななか、共働き夫婦のための住まい「CHU!」に新たに加わったZEH仕様の新シリーズ「CHU! ZERO」が今、話題を集めています。

ABOUT CHU!

共働き夫婦がハッピーに暮らせる家「CHU!」。「収納が少ない」「日中は留守にするので外干しができない」「時間が限られるので、家事を効率よく済ませたい」など、共働きの奥さまが抱える悩みや負担を解消できるように住まいの素材や間取りにこだわっています。カビない断熱材を使うことで、共働きに多い室内干しに最適な空間を整えるほか、健康的で快適な空間を提供。250 人の働く女子のアンケートを元にした多彩なプランも用意しています。

img_tChu_zero_038

ABOUT CHU!

共働き夫婦がハッピーに暮らせる家「CHU!」。「収納が少ない」「日中は留守にするので外干しができない」「時間が限られるので、家事を効率よく済ませたい」など、共働きの奥さまが抱える悩みや負担を解消できるように住まいの素材や間取りにこだわっています。カビない断熱材を使うことで、共働きに多い室内干しに最適な空間を整えるほか、健康的で快適な空間を提供。250 人の働く女子のアンケートを元にした多彩なプランも用意しています。

img_tChu_zero_038

10年後、20年後の住まいの常識「ZEH」

 環境汚染や化石燃料の枯渇などの観点から「省エネ」の必要性が叫ばれ、代替エネルギーの必要性が論じられるようになってきました。

 住宅においても、太陽光発電やガスから電気を作り出す燃料電池などに人気が集まっています。そこで注目を集めているのが、共働き夫婦の家「CHU!」の新シリーズ「CHU! ZERO」。高断熱で家の基本性能を上げ、太陽光発電などでエネルギーを作り出す「創エネ住宅」にし、年間のエネルギー消費量を差し引きゼロ以下にすることを目指した家です。

 また、高効率給湯器、高機能エアコン、高機能換気システム、次世代照明、HEMS(ホーム・エネルギー・マネージメント・システム)などを使うことによって、より効率的な省エネ住宅になっています。

 断熱+省エネ+創エネにより、消費するエネルギーを実質ゼロ以下にした家をZEH(ネット・ゼロ・エネルギーハウス)と呼びます。政府では、2020年までに標準的な新築住宅はZEHにすることを目指し、2030年には新築住宅の平均でZEHを目指しています。ZEHを普及させるために補助金なども用意されており、今話題の住まいの新基準ともいえます。

 共働き家族がハッピーに暮らせる家として人気の高い「CHU!」のZEH仕様が、「CHU! ZERO」なのです。高断熱でカビない硬質ウレタン断熱材「CHU!」を採用して断熱性を高めるとともに、太陽光発電や高機能家電、HEMSを使ってエネルギーをかしこく消費する家になっています。

ZEHとは、「ネット・ゼロ・エネルギーハウス」のこと。快適な室内環境を保ちながら、住宅の高断熱化と高効率設備により、極力省エネに務め、また太陽光発電などによりエネルギーを創ることで、1 年間に消費する一次エネルギーの使用量をゼロ以下にした住宅です。一次エネルギーとは冷暖房、給湯、換気、照明に使われるエネルギーで、冷蔵庫、テレビなどの生活家電は含まれません。

10年後、20年後の住まいの常識「ZEH」

 環境汚染や化石燃料の枯渇などの観点から「省エネ」の必要性が叫ばれ、代替エネルギーの必要性が論じられるようになってきました。

 住宅においても、太陽光発電やガスから電気を作り出す燃料電池などに人気が集まっています。そこで注目を集めているのが、共働き夫婦の家「CHU!」の新シリーズ「CHU! ZERO」。高断熱で家の基本性能を上げ、太陽光発電などでエネルギーを作り出す「創エネ住宅」にし、年間のエネルギー消費量を差し引きゼロ以下にすることを目指した家です。

 また、高効率給湯器、高機能エアコン、高機能換気システム、次世代照明、HEMS(ホーム・エネルギー・マネージメント・システム)などを使うことによって、より効率的な省エネ住宅になっています。

 断熱+省エネ+創エネにより、消費するエネルギーを実質ゼロ以下にした家をZEH(ネット・ゼロ・エネルギーハウス)と呼びます。政府では、2020年までに標準的な新築住宅はZEHにすることを目指し、2030年には新築住宅の平均でZEHを目指しています。ZEHを普及させるために補助金なども用意されており、今話題の住まいの新基準ともいえます。

 共働き家族がハッピーに暮らせる家として人気の高い「CHU!」のZEH仕様が、「CHU! ZERO」なのです。高断熱でカビない硬質ウレタン断熱材「CHU!」を採用して断熱性を高めるとともに、太陽光発電や高機能家電、HEMSを使ってエネルギーをかしこく消費する家になっています。

ん。

「かっこいい」と「かしこい」を両立した住まい

 住宅で重要なことは、省エネであることに加えて、耐久性、耐震性など構造的なことも大切ですが、それらを重要視するあまり、デザイン性が劣ってしまっては元も子もありません。「CHU!ZERO」は「CHU!」独自の高いデザインクオリティーはそのままに、さらに住まい自体の機能性を高めた「かっこよくてかしこい家」なのです。

 さらに将来的には、建築時から解体、廃棄までに出る二酸化炭素の排出量を、創エネなどによりゼロに近づけるZEHのさらに一歩先、「ライフ・サイクル・カーボン・マイナス住宅」も視野に入れた注目の住まいなのです。

「かっこいい」と「かしこい」を両立した住まい

 住宅で重要なことは、省エネであることに加えて、耐久性、耐震性など構造的なことも大切ですが、それらを重要視するあまり、デザイン性が劣ってしまっては元も子もありません。「CHU!ZERO」は「CHU!」独自の高いデザインクオリティーはそのままに、さらに住まい自体の機能性を高めた「かっこよくてかしこい家」なのです。

 さらに将来的には、建築時から解体、廃棄までに出る二酸化炭素の排出量を、創エネなどによりゼロに近づけるZEHのさらに一歩先、「ライフ・サイクル・カーボン・マイナス住宅」も視野に入れた注目の住まいなのです。

160517CHUlogo-1

「CHU! ZERO」
総合プロデューサー
(株)FPコーポレーション
佐藤秀樹さん

160517CHUlogo-1

「CHU! ZERO」
総合プロデューサー
(株)FPコーポレーション
佐藤秀樹さん

top