person

img_pSpecial_talk_001

家族、仕事、家事、育児……どれも大切にしたい

共働き家族の理想の住まい、暮らし方1/3

共働き主婦へのアンケートによるリアルボイスを交えながら、香菜子さん、タブチさんが理想の住まいと暮らし方をひもときます。数々の住宅のコンサルティングを手がけたタブチさん、友人にも共働き主婦が多いという香菜子さんの本音トークが繰り広げられました。

住まい選びの重視ポイント

タブチ(以下、タ) 香菜子さんが今の住まいを選んだ決め手は何ですか?
香菜子(以下、か) 最初は暗くて嫌だったのですが、夫が気に入って。部屋をつなげるほか、壁を白く塗って明るくするなど、リフォームすれば何とかなるというので決めました。住み始めてから、風がよく通るな、朝日がよく入るな、と環境のよさに気づくようになりました。
 働く女子は、日中に家を空けていてリビングで過ごす時間が少ないはずなのに、住まいを選ぶ際にリビングを重視する人が多い(1)。家族への愛だね。
 家族のことを第一に考える〝母〟の一面が色濃く出ていますね。母性を感じます。重視するポイントも、1位が日当たり、風通し(2)。ここでも自分本位じゃない。お客さんを呼んだときに「素敵ね」といわれたいという思いもあるのかな。
 人目を気にする以上に、自分の空間が欲しいと思っている奥さんが多い。
 そうですね。昔より自分を大事にする人が増えてきているかも。
 服でも男受けするから買うのではなくて「私が好きだから買う」ってことが多い。多分、家もそうですよね。
 母性の話でいうと、子どもが風邪をひいて「仕事を休まないと」ってなるのは母親ですよね。

(1) 住まいを選ぶ際に重視する空間を教えてください。

img_pSpecial_talk_003

働く女子はリビングにいる時間が少ないと思っていたのに、1位。(タブチ)リビングは自分じゃなくて、家族が一番長くいる場所。家族みんなのことを常に考えている“母”ならではですね(香菜子)

(2) 住まいを選ぶ際に重視するポイントを教えてください。

img_pSpecial_talk_002

1位が日当たり、風通しって。家事動線とくるのかなと思いきや、ここにも愛を感じるよね。家族への愛や母性を感じるね。耐震や耐熱など「家族を守れる」家が必要とされている(タブチ)自分本位じゃない! 家族の心地よさと健康、安全を考えていますね(香菜子)

隙間時間を見つけて活用

 くつろぐ時間は夜しかないのに、女の人は家に帰っても、てきぱき動きますよね。男は横になると動けない。
 「あれをやらなきゃ、これをやらなきゃ」ってずっと考えています。洗濯機のスイッチを入れて、朝起きたら洗い終わっているように洗濯機のタイマーを入れてなど、頭の中は完全にはくつろいでいません。夜寝る前に本を読む時に、やっと自分の時間を持てる。
 夜のうちに、次の日の準備をするのは洗濯だけですか?
 ごはんのタイマーもセットします。朝起きたら一回目の洗濯が終わっているようにして、朝食の前に一度干します。それも朝のNHKの連ドラを観るために8時までに絶対干すって決めているんです。
 目標を達成するとハッピーになれますよね。
 そうするとすごく集中できる。朝は時間で区切って行動していますね。隙間時間を見つけて活用するのがうまくなりました。

家事の不満を減らす►►►

previewpage_off page1_off page2_on page3_on nextpage_on

top