img_lHoliday_case4_001
person

インテリアショップ 共働きスタッフの部屋づくり

素に戻ってリラックスできる自宅での時間は、私生活にも仕事にいい影響を与えてくれます。ここでは人気のインテリアショップに務める、共働きスタッフのお宅を訪ねて自分も家族もくつろげる部屋づくりの極意を教えてもらいました。コーディネート術だけでなく時間の使い方も参考にして、この機会に自分の暮らしを見つめ直してみませんか。

img_lHoliday_case4_002

img_lHoliday_case4_003

case4

毎日が忙しいから
シェアする空間を広くして
家族が一緒にいられる家に

Holiday

ナチュラルな色や素材でやさしい雰囲気づくり

ゆるやかな坂をのぼった高台にある米山さんのお宅。家のすぐ裏には山がある自然豊かな環境です。「会社がある都心までは電車を乗り継いで1時間40分ほど。帰ってくると、まずきれいな空気をスーッと吸い込みます」と真理子さん。4年前に建てた家は、1階はご両親、2階は妹家族とシェアできるようご主人と一緒に設計。2階は中央にダイニングキッチンを広く取り、その両側に各家族のリビングと寝室を配置したユニークな間取りです。リビングのインテリアは、素材そのものの表情が生かされているベーシックなデザインの家具やファブリックで落ち着いた雰囲気をつくり出しました。「素材感を決め手に選ぶと、何か買い足した場合もしっくりくるんです。それに、肌触りがいいとそれだけで気持ちが安らぎますからね」。帰宅後や休日、いちばんリラックスできるのはソファで過ごす時間。革やクッションの心地よい手触りが、オフに切り替えるためのスイッチです。

img_lHoliday_case4_004

上/休日に家族が揃ったら、みんなでランチ作り。長女の心ちゃんが調理に参加しやすいピザなどのメニューが多いそう。具を並べるのは、心ちゃんの担当

img_lHoliday_case4_007

上/それぞれが好きなことをして過ごすリビングには、「IDÉE」のチェスサイドテーブルが。無垢の質感が空間をやさしい印象に

休日は家族みんなで
“作る、食べる、過ごす”

平日は一緒に過ごす時間が少なく、主人の仕事は土日を返上することも。休日に3人揃ったら、特別な一日が始まります。

img_lHoliday_case4_006

img_lHoliday_case4_005

左/キッチンカウンターの下は、出し入れしやすいオープン棚。電子レンジやホームベーカリー、お茶のセットなども収納 中央/壁面収納の中は、布製ボックスで分類。お弁当に必要なものなどを分類してひとまとめにしているので準備がスムーズ 右/ひとつの洗面室に洗面台をふたつ、各家庭にひとつずつ設置した。「水まわりは分けたほうが掃除などの面でも気を遣いません」

img_lHoliday_case4_008

ペンダントランプやスポットライトなど、照明は場所ごとに適したものを設置。組み合わせて使うことで空間にニュアンスを生み出した

img_lHoliday_case4_009

img_lHoliday_case4_016

左/ひとつひとつ調光できるので、子どもたちが宿題をする時は明るく、食事時は少し暗くしている。ダイニングのペンダントランプは「flame」で購入 中央/山に面した南側はガラス窓を大きく取り、観葉植物を置いて中と外の境界を曖昧にした。ブルーのフラワーベースがさりげないアクセント 右/イタリア人デザイナー、ミケーレ・デ・ルッキのフロアランプ。ヘッドが回転するため、天井に向けて光量を調節できる

img_lHoliday_case4_018

左/子ども部屋は、心ちゃんといとこでシェア。ベッドと机を並べて、姉妹のようにスペースを分けている 右/大好きなお絵かきをする心ちゃん。吹き抜けに面した窓を開ければ、キッチンにいる家族と会話ができる

img_lHoliday_case4_011

左/デスクの上は置くものを厳選してシンプルにまとめているため、「IDÉE」で購入したフリックチェア(現在は廃番)の美しいラインが映える。白い壁面にジェルデのデスクランプが陰影を作り出し、ぬくもりを与える 右/リビングの一角にあるワークデスクは、真理子さん専用のスペース。手帳を開いてスケジュールを整理するなど、忙しい日常を振り返る時間が日課になっている

img_lHoliday_case4_017

“移動時間で気持ちを
切り替えて仕事モードに”

勤務は平日のフルタイム。基本的には、オフィスで空間設計や家具のデザインを手がけています。

img_lHoliday_case4_013

この日はお客さまの要望に合ったソファの張地を探すため、東京ミッドタウンの店舗へ。家ではつけないピアスをすることも、気持ちを切り替えるための作業のひとつ

img_lHoliday_case4_014

左/「この張り地を使用した展示品はありますか?」と店長の野田さん(取材当時)に聞く真理子さん。必ず実際の質感を確認してから採用するかを決める 左から2番目/バッグや手帳カバー、書類ケース、iPadケースは、大好きなグレーとベージュの中間色。「微妙な色の違いを眺めていると気分がいいんです」と真理子さん。「H.P.FRANCE」や「MARGARET HOWELL」で購入 右、右から2番目/ご主人の帰宅前まではひとりの時間。妹から誕生日にプレゼントしてもらったアロマディフューザーでラベンダーやグレープフルーツなどの香りを楽しむ

img_lHoliday_case4_015

Data

IDÉE SHOP Midtown
イデーショップ 東京ミッドタウン店
東京都港区赤坂9-7-4 D-0316
東京ミッドタウン Galleria 3F
営業時間:11:00~21 :00
TEL:03-5413-3455
http://www.idee.co.jp/shop/tmd/

top