housing

共働き夫婦がHAPPYになれる家

img_report05

木のぬくもりに癒されながら
家族の会話が弾む住まい

岐阜県 Sさん

img_hHappy_rep5_001

ステップを設けて高さに変化をつけ子どもたちに目が届きやすいLDKに

元気な男の子3人に囲まれて、忙しい毎日を送るSさんご夫妻。念願のマイホームをつくるにあたり、木のやさしさをふんだんに取り込むこと、家族のコミュニケーションが密にとれること、家事効率の良さの3点にこだわりました。Sさんの家づくりへの想いに応えたのが、ナチュラルな白い家「カーサデオリーブ」を展開する工務店「創建」です。完成見学会で体感した無垢材フローリングのぬくもりや、断熱性の高いFP工法も気に入り、設計・施工を依頼。構造柱や梁の一部をあえて見せ、キッチンカウンターには腰板を張るなど、まるで木に包まれているような空間を実現しました。 LDKのテーマは、家族が自然と集まり、会話が弾む空間。キッチンの前に設けた畳スペースにはスタディデスクを造作し、キッチンで料理をしながら子どもたちの様子をチェックできるようにしています。レベルを一段下げたリビングはご主人のくつろぎのスペース。リビングで過ごすご主人と、畳スペースに座る子どもとの目線が同じになるため、自然と目が合って話が始まるそう。 パントリーや畳下など収納をたっぷり確保。キッチンの近くに広いランドリールームを設置し、家事動線を短くするなど、奥さまにもうれしい工夫が随所に。忙しいなかでも家族との充実した時間を過ごせて、ホッと心がなごむ家が完成しました。

img_living

家族が自然と集まる場所

ダイニングキッチンとリビングのフロアレベルを変えることで、キッチンからリビングの様子を見渡せ、スムーズにコミュニケーションがとれるようにしました。リビングの一角にある畳スペースは、子どもたちの遊び場兼スタディスペースに活用。段差は腰掛けられるほか、下部を収納に活用できるのが利点です。

img_hHappy_rep5_004

img_hHappy_rep5_006

img_hHappy_rep5_007

img_hHappy_rep5_003

img_hHappy_rep5_005

img_hHappy_rep5_002

img_diningkitchen

木のぬくもりたっぷりの空間

キッチンカウンターの板張りの側面や天然木の折りたたみ可能なカウンターなど、リビング同様にキッチンにも木を採用することにこだわったSさん。天井部の見せ梁もぬくもりを演出するのにひと役買っています。コンロ前に設置した汚れ防止の仕切りは、視線を遮らないように強化ガラスを使用。

img_hHappy_rep5_009

img_hHappy_rep5_008-2

img_hHappy_rep5_008-1

img_sanitary

欲しいものを兼ね備えた造作洗面台が自慢

木製の造作棚は収納量たっぷり。オープン棚なので、何がどこに入っているかがひと目でわかるのが魅力です。カウンターの左端には、靴や汚れた衣類を洗うのに便利な深型シンクが天板下に隠されています。ワイヤーを引き出せばランドリールームに変身。トイレはシンプルながら、横木のあしらいやクロス、洗面ボウルにこだわって個性的に。

img_hHappy_rep5_012

img_hHappy_rep5_013

img_hHappy_rep5_014

img_hHappy_rep5_011

img_hHappy_rep5_015

img_hHappy_rep5_010

img_entrance

吹き抜けを設けて開放感いっぱいに

玄関は2階の小屋裏までのびる吹き抜けの空間。2階に設けた窓からの光が差し込み、開放感たっぷりです。2階の階段を上った廊下部分が吹き抜けに面しているため、「橋を渡っているみたい」と子どもたちのお気に入りの場所になっています。

img_hHappy_rep5_017

img_hHappy_rep5_016

img_hHappy_rep5_018

img_hHappy_rep5_019

Data

  • 家族構成/ご主人(40歳)、奥さま、
         長男(12歳)、次男(8歳)、三男(4歳)
  • 住居形態/戸建て
  • 間取り/4LDK
  • 敷地面積/190.88㎡(57.74坪)
  • 建築面積/72.05㎡(21.80坪)
  • 床面積/1F 70.39㎡(21.29坪)
        2F 50.52㎡(15.28坪)
        合計 120.91㎡(36.58坪)
  • 設計・施工/創建
  • http://www.kk-soken.com

top